« ニュースJAPAN 今年一回目 | トップページ | 伏見稲荷大社 »

2005.01.07

W21CA その後…

W21CAに機種変更してから半月が経ちました。

契約当初は販売店のヘマにより定額制が適応されないプランで契約され、新機能を楽しむ余裕など全くありませんでしたが、1月からは携帯から写真付でブログを更新したり着うたをDLしたりと人並みの使い方が出来るようになりました。

各サイトの皆さん、いろいろレビューを書いていらっしゃいますが、私も記念に。
(最新の機種との比較にはなってませんが、古い携帯から変えたひとの、素朴な感想ということで)

■文字入力・変換
 3世代前のCASIOから比較して、予測変換の精度や項目が大分増えました。とても使いやすく感じます。
固有名詞に関しても若干足りないという指摘もありますが、カシオのサイト(CA'zCAFE)より辞書をダウンロードすることで、その人の趣味や地域に合わせた形で辞書を強化することが出来ます。地元のかなりマニアックな建物が一発で返還できたときは感動!
 また、当たり前なのかもしれませんが、絵文字の入力が#ボタン一発で出来ますので、カラフルなメールがすぐに作れます。非常に助かる改良です。


■カメラ
 AFの威力はすごいですね。昔のカメラは周囲がぼやけていましたが、四隅までしっかりとピントが合ってます。あたり前なんでしょうけど、Webを見てる限りそうじゃない携帯もまだ多い気がします。また、オートフォーカスも十分すぎるくらい高速です。普段はデジカメを持ち歩かなくてもいいかなーという気にさせてくれます。


■液晶
 2軸ヒンジの2.6インチ液晶ですが、テキスト系サイト見るときはすごく楽。Ez webのブラウズもW2Xシリーズになってから各社速くなったみたいですが、これも十分に速くストレスは感じません。時計も秒まで表示されるように改良されたので助かっています。

もちろん、CASIO端末なのでメニューの出来も秀逸です。
他にもありますが、使ってて気持ち好いと感じるところはこんな所です。

---ここからは読まなくていいです---
# ちなみに追加辞書は、ご当地辞書で47種類、首都圏・京阪神ランドマーク辞書2種類、都道府県別地名辞書で71種類と非常に高いバリエーションである。また、スポーツやゲーム、グルメ(スイーツとか)など、趣味の辞書も充実している(結局、全部足すと180を超える)。辞書を提供してくれているJustSYSTEMに感謝である。
ただ、人名辞書の分類が[ああ~あこ、あさ~あん]みたいになっているのだが、これって意味ないんじゃないかと思う。サッカー選手[国内/海外]とかの分類もいいし、70年代命名数TOP200とか地域柄を反映したものとかの分類にしてほしい。
# カメラに関しては、撮るということに関しては十分だと思う。ただ、Blogなどのために画像をトリミングする際に力不足なのは否めない。画像のファイルサイズも大きめになっているので、リサイズ・トリミングはもう少し強化してほしい。
# 液晶に関しては十分解像度も高くきれいなほうだと思う。ただ、各所で言われているように、最小の文字が小さすぎるため、もう少しフォントサイズの選択を柔軟にしてほしかった。
# メニュー。もたつくといわれているが、今使っているメニュー(ストリームコード)ではさほど気にならず。追加でメニューをDL出来る仕様であるが、このような柔軟性は大事だと思う。(まだ軽いメニューが提供されていないことには目をつぶろう)

|

« ニュースJAPAN 今年一回目 | トップページ | 伏見稲荷大社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: W21CA その後…:

« ニュースJAPAN 今年一回目 | トップページ | 伏見稲荷大社 »